NiGHT UP

福岡県太宰府市から「火」の価値を伝えるイベント&ワークショップ


NiGHT UP(ナイトアップ) とは?

NiGHT UPは、「夜(=Night)」が「光で照らされる(=Light up)」ように、火の灯りで人々の心がもっと明るくなるきっかけをつくるプロジェクトです。“大太宰府(福岡県太宰府周辺エリア)”を舞台に、私たちの暮らしに欠かせない「火」の価値を、地域資源を活用した体験型イベント&ワークショップで広めていきます。

「火」に関連したワークショップとイベントで構成されており、なかでもプロジェクトの最終週には、「御神火(ごしんか)」と「えんむすび」をキーワードにした『えんむすびの神さま竈門神社の御神火のもとで、大切な人とのご縁を結ぶロマンチックなキャンドルナイト』を竈門神社で開催します。

当日は、福岡で活動するキャンドルアーティストたちがつくるハンドメイドキャンドルやスウェディッシュトーチ、焚き火など、大小様々な“火のモニュメント”によって、来場者の皆さまがゆったりと過ごせる神秘的な空間をつくります。


■2020年度の実施風景


各コンテンツのご紹介

アカリの場

全長70cmを超える特大のキャンドルやスウェディッシュトーチなど、NiGHT UPだけの“火のモニュメント”が集まります。

キヅキの場

普段はなかなか気づくことが出来ない「自分にとって本当に大切なこと」に思いを巡らせる“言葉”と出会える場所です

イノリの場

「えんむすび」を願う本殿での御参拝は、イベント期間限定でキャンドルによる“献灯(灯りの奉納)”をします

ミタスの場

福岡や太宰府にご縁のある、心とお腹を満たすお食事やお飲み物を提供してくださる方々にご出店いただきます。


2022年の開催について

今回、第50回福岡ブロック大会つくし大会で開催される〜感じてつくし、幸せづくし〜にてイベントのひとつとしてNIGHT UPを共同開催することが決定しました。太宰府天満宮の境内美術館の現代アートにスポットを当て、夜は作品の周辺をキャンドルでライトアップします。
地域の魅力や歴史に光を当て、明るい未来へとつないでいくことをキャンドルの光により演出します!

順次、細かな情報は、公式SNSを中心にお知らせします。

開催概要

  • 日時
    6/5(土)19:300〜21:00

  • 場所
    太宰府天満宮境内美術館

  • 主催: 公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 福岡ブロック協議会

  • 主管: 一般社団法人 つくし青年会議所

  • 後援:福岡県、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川市


ワークショップのご案内

今年もイベント開催前にいくつかのワークショップを実施する予定です。
実施する内容が決まり次第、随時お知らせをいたします。


サポーターの募集について

NiGHT UPでは、火の灯りで人々の心がもっと明るくなるきっかけをつくりたい!という想いを持ち、一緒にキャンドルナイトを支えてくださるサポーターを募集しています。

昨年は、地域にお住まいの方はもちろん、地元企業にお勤めの方や学生の方など様々な方々にサポーターとして関わっていただきました。お一人でご参加される方もすぐにコミュニティに馴染むことができます。太宰府のことがお好きな方、地域との繋がりや私たちの取り組みにご興味がある方はぜひお気軽にご連絡ください。

私たちと仲間になってくださる皆さまをお待ちしています!